生春巻きにチャンレンジ

最近ずっと作りたいなと思っていた料理があります。

それが、生春巻き。

別になぜ、という理由はないのだけれど、知り合いから「簡単にできるよ」と聞いたり、近所にオープンした輸入食材店にライスペーパーはスイートチリソースが並んでいたりして、ずっと気になっていたのです。

で、ようやく休日にチャンレンジすることを決意!

買い出しでライスペーパーとスイートチリソースを購入しつつ、中身の具を求めてスーパーもはしご。何を包んでいたかなぁ、と思い返すも、意外と思い出せなかったり、買おうとした食材が高かったりしてうーんとなったり。結局、サニーレタスとアボガド、スモークサーモンと大葉と春雨を巻くことに決定。

家に帰って、春雨をゆでつつ、具材の下ごしらえ開始。といっても、サニーレタスや大葉は洗って、アボガドとスモークサーモンは適度な大きさに切って、と難しいことは一切なく。スムーズに下ごしらえを完了させ、いよいよライスペーパーで包む作業へ。

ライスペーパーをぬるま湯にくぐらせて戻し、水気を取って具材を巻くのですが、まずこのライスペーパーをどのくらいぬるま湯につけていいものかと悩みました。くぐらせる、と作り方には書いてあるけれど、くぐらせただけではまだ硬い気がして。でも、2個くらい作ってみたところで、柔らかくなるまでくぐらせなくても、キッチンペーパーで水気を取っているあいだにちょうどよく柔らかくなることが判明。あと、具材を欲張らず、きっちりキツめに巻くことを意識することが重要みたいです。

そうして、無事に生春巻きが完成。最初の3つくらいはだいぶ不格好、具材がはみ出したりなどしてましたが、その後はキレイに巻けるようになって個人的に大満足。おいしくいただけました!今度は違う具材でアレンジしてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です